FC2ブログ
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2017-05-31 (Wed)
1年位前にお風呂に入ると娘のお臍より下の部分にポコッっとした膨らみを発見!
かかりつけを受診すると鼠径ヘルニア疑いと言われました


そして大学病院へ紹介状を持って受診すると、治すには最終的には手術になると言われました

その時点では膨らみがあったり無かったりで
本人も特に気になることもなかったので、すぐに手術ではなくてもいいので様子をみて夏休みに手術しようと
決めていました。


ところが、春休みの終わりに初めて「痛い」と言ったので心配になり
急いで受診すると、また痛い時がこれから増えるかもしれないから早めに手術しましょう!っとなり


新学期早々手術することに
春休みにすれば良かったぁ~っと後悔でした


手術前にはいろいろ検査をしたのですが、
もうすでに2回も入院したことのある大学病院なので...娘も私も慣れていること慣れていること


レントゲンでも心電図でもエコーでも呼ばれれば1人でいいよっと入っていく小2の娘がカッコよく見えました


今までの入院と違って手術があるので怖くて仕方ない娘。
小学生の付き添いで泊まることができないため帰ろうとする私をこっそり追いかけてきて、
かわいそう過ぎて、面会時間は過ぎるけど寝るまで付いていていいと許可をもらいました





翌日は朝1番で付き添っていいとのことだったのでパパと早朝に自宅を出ました

手術までの時間をとにかく気を紛らわせようと
あれやこれやで楽しく過ごしていると、あっという間に時間が過ぎて移動することに。



手術室の前では先生も看護師さんも明るく出迎えてくれて
娘も話かけられて安心したのかす~っと手を引かれて中へ入っていきました。

結局左だけかと思ったヘルニアが右にもあって、両方とも治してもらえました



全身麻酔なので、帰ってきた時には暴れていたり泣いていたりすこともあると聞いていたので
それも心配していましたが、たまに目を開けるけどほぼ寝ていました


落ち着いていて良かったと思ったら
激しい嘔吐が始まり...20回以上は吐きました。朝から食べていないので出てくるのは液体だけで
しかも本当に苦しそうに吐くので、かわいそうでかわいそうで


吐いている時以外は意識朦朧としていて寝ているので、
完全看護で付き添い不要とは言われても、そのまま帰るのはとても辛く
お願いして添い寝させてもらいました


お昼前に始まった手術でしたが、
その日の夜中になっても嘔吐が続き、午前3時には痛くて泣き始めて痛み止の注射もお願いして
いつ吐くか分からないので目が離せず長い夜でした。


朝はハッキリと目が覚めたようで、嘔吐も止まり、痛みもなく
朝食のパンをちょっと食べることもできたので


伸びるかなと諦めていた退院も予定通りにできました


術後がしんどかったので
主治医の先生も、他の先生もちょこちょこ顔を見にきてくださり感謝感謝です


娘は怖かったり、痛かったりツラい思いをたくさんしたけれど
退院後はなんだか精神的に成長したなっと思う場面が多々あり、これもいい経験だと思うようにしています。

本当によく頑張って偉かった!


その2週間後にはパパも足の手術で入院となんともバタバタしている我が家なのでした...


今は2人とも落ち着いているので、平和に戻ってます
平和な日常が1番ですね。






読んでいただきありがとうございます
3つのブログランキングに参加しています
クリックしていただけるとポイントが入って順位が上がる仕組みです
応援していただけると嬉しいです
是非クリックお願いします

   

女の子育児



にほんブログ村 子育てブログ 一人っ子へ




スポンサーサイト



| 娘のこと | COM(0) | | TB(-) |
コメント







管理者にだけ表示を許可する